【台南】”周氏蝦捲”でプリッ&サクッを食す!(子供と台南・高雄旅行:3日目昼食)

2018年3月20日子供と旅行, 子供と台南 & 高雄台湾おすすめグルメ

台南・高雄旅行最終日のランチは、nenemamaが大好きなエビを使った料理!!

期待を裏切らないおいしさでしたよー♪

台南はグルメの宝庫。エビも忘れずに!!

台南はグルメ天国と言われており、本当に多くの有名料理/小吃店があります。

1日目に食べた担仔麺や虱目魚はもちろん、蟹おこわ、牛肉湯、肉粽(ちまき)、肉圓(肉ワンタン)、蚵仔煎(牡蠣オムレツ)、棺材板(シチュートースト)、マンゴーなど、挙げればキリがありません。

1日3食じゃ、全然食べきれない!!(笑)

そして、忘れちゃいけないのは、エビ!!

海に面していることもあり、エビ料理も有名です。

代表格が、蝦仁飯(エビ飯)と蝦捲(エビ巻き)

もう、エビ好きにはたまらないコンビネーション!!

 

でもね、でもね、nenemama家では、エビが人気無いんです。。。

私しか食べない。。。

ということで、蝦仁飯の有名店【矮仔成蝦仁飯】に行くことは見事却下されました(泣)

「せめて蝦捲は食べさせて!!」と懇願(?)し、安平地区のお店に行くことができました♪

蝦捲といえば、絶対外せない”周氏蝦捲”

蝦捲で検索すれば、ほぼ検索結果一位に表示されるのは【周氏蝦捲】です。

公式HPの写真、エビのぷりっぷり感が半端ない~!!

どうやら蝦捲だけ買って食べ歩く人も多いらしいですが、我が家はランチで利用しました。

「ものすごく混む」との事前情報をGETしていたので、11時に入店。

既にほとんどの席が埋まっており、5人の我が家は滑り込みセーフでしたよ。

スポンサーリンク

蝦捲のほかにもいろいろ注文

もちろん、蝦捲は忘れずに注文!!

期待通りの、ぷりっぷり&さくっさく♪

甘辛ダレを付けて食べると、これまた絶品です。

そのほかには、担仔麺、綜合湯(虱目魚とエビのつみれスープ)、烏魚子(カラスミ)もオーダーしました。

烏魚子は食べきれなかったので、外帶(ワイダイ:持ち帰り)して、夜の晩酌のお供にしましたよ。

どれもおいしかった~!!

まとめ:安平では蝦捲は必須!

エビ好きとしては、自信をもっておすすめする蝦捲ですが、「安平でしか食べられないなら関係ないかー」と思っているそこのあなた!!

なんと、台南と高雄には支店がたくさんあるんですよ~。

なので、安平じゃなくても食べられます♪

「もう、お腹いっぱいだよ~」という方でも、ペロリと食べられちゃうこと間違いなし!!ですので、ぜひ買って、蝦捲片手に観光してみてくださいねー。

スポンサーリンク

店舗情報

☆ Name   周氏蝦捲 老店
☆ Address  台南市安平區安平路125號
☆ Tel    06-229-2618
☆ Info    ベビーカーOK、子ども用チェアあり、おむつ交換スペースなし
※ 訪問前に最新情報をHPでご確認ください。

 

※台南&高雄旅行の記事は【Tainan& Kaohsiung】からご覧ください。
(インデックスはこちら

※旅行関連の記事は【Travel】からご覧ください。
台北旅行日月潭旅行の記事もありますよ♪)