北投温泉で大浴場!スイートミーホットスプリングリゾート(水美温泉会館)宿泊体験記

2019年3月8日子供と台北ホテル予約&宿泊体験記, 台湾の温泉

スイートミーホットスプリングリゾート

台北からMRTで40分程度で行ける台湾の人気温泉地といえば、北投(ベイトウ)温泉!

nenemama家は2泊で行ってきました♪

泊まったのは、『スイートミーホットスプリングリゾート(水美温泉会館)』!

 

いつもはBooking.comで予約していくのですが、今回は楽天トラベルが破格だったため、そちらで予約。

そう、楽天トラベルって、海外ホテルも予約できるんです!!

 

今回の記事では、北投温泉の紹介と、ホテル宿泊記をお伝えしますね♪

 

台湾の温泉といえば、北投温泉!!

台湾は温泉が有名なのですが、その中でも抜群の知名度を誇るのが、北投(ベイトウ)温泉です。

台北からMRTで40分程度とアクセスも良いため、日帰りで入浴しに行く人も多いです。

硫黄泉なので、なんとなく箱根を思い出しますね~!

 

アクセスはとっても簡単。

台北駅から赤色のMRT淡水信義線に乗り、北投駅まで向かいます。

その後、北投駅で桃色の新北投線に乗り換えて、新北投駅で降りましょう。

新北投駅を降りたら、今回泊まった『スイートミーホットスプリングリゾート』はすぐ目の前です!

北投温泉で大浴場があるホテルは?

温泉に入るなら、やっぱり大浴場でしょう!!

北投温泉で大浴場があるホテルといえば、私たちが宿泊した『スイートミーホットスプリングリゾート』以外にも、以下のホテルが有名ですよ♪

 

 日勝生加賀屋

名前からもわかるように、『日勝生加賀屋』は、台湾の日勝生グループと日本の有名温泉宿『加賀屋』がタッグを組んだ最強宿。

日本の加賀屋の理念を受け継いでいるので、台湾に居ながらにして日本の旅館の風情を楽しむことができますね。

和室もあります!

 

スプリングシティリゾート(春天酒店)

北投温泉街を抜けて、地熱谷のさらに奥まで進むと、スプリング シティ リゾート (春天酒店)にたどり着きます。

もちろん、北投駅、新北投駅いずれからも無料シャトルバスが運行。

高台に位置しているので、北投温泉の景色を眺めながらゆったりと温泉に浸かりたい方に最適のホテルでしょう。

 

ホテルロイヤル北投(北投老爺酒店)

ホテルロイヤル北投(北投老爺酒店)は、”健康”をコンセプトにしているホテル。

珍しいですよね~

館内では、宿泊者向けの健康促進プログラムが実施されているんですって!!

ホテル自体も新北投駅の目の前なので、アクセスも抜群ですね。

スポンサーリンク

わが家が『スイートミーホットスプリングリゾート』を選んだ理由3つ

いくつか大浴場があるホテルの中で、『スイートミーホットスプリングリゾート(水美温泉会館)』を選んだのには3つの理由があります!

 

理由1:駅から近い!!

わが家は3人子連れということもあり、基本は駅近のホテルをチョイスします。

今回のホテルも、駅から徒歩数分という好立地が、大きな決め手に♪

かつ、北投公園が目の前なので、子供たちとちょっと遊びに行くのにもバッチリです!

 

理由2:和室!!

スイートミーホットスプリングリゾート水美温泉会館の和室

3人の子連れだと、いつも悩むのが、部屋選び。

基本はクイーンサイズ以上のベッド2台か、エキストラベッドを使える部屋にしますが、特に下2人は、まだまだベッドから落ちる心配をしなければいけない年齢。。。

和室だと、その心配がいらなくなります!!どこまでもゴロゴロできる~♪

しかも、温泉と来たら、やっぱり和室がいいですよね。

なので、今回は和室があるホテルをチョイスしました。

 

理由3:大浴場の浴槽の種類がたくさん!!

ぜひ公式ホームページの写真を見てほしいのですが、台湾には珍しく、大浴場の中に5種類くらいの浴槽+サウナが付いているんです!

ゆったりと温泉に浸かれて、かつ気分に応じて浴槽を変えられるのは、本当にうれしいですよね♪

 

なお、120センチ未満のお子さんは大浴場に入れません。

わが家の場合、末っ子ちゃんは入れなかったです。

ただ、部屋には十分大きい浴槽が付いていたので、入り放題で問題なし♪

体を洗うスペースも十分ありますよ。

スイートミーホットスプリングリゾート水美温泉会館の和室の温泉

 

番外編:ホテルの入り口には”手湯”がある!

スイートミーホットスプリングリゾート水美温泉会館の手湯

面白いなーと思ったのが、ホテルの入り口前にある”手湯”コーナーです。

子どもたちが見つけて大騒ぎ(笑)

我先にと手を入れて遊んでいました。

温泉って、少しだけ手を入れるだけでもぽかぽか気持ちいいものなんですねー!!

楽天トラベルで「宿泊日前カード決済」プランを予約する際の注意点

わが家は普段Booking.comで宿泊予約をし、TripAdvisorで他に安いサイトがあれば、Booking.comでプライスマッチを適用してもらうという方法を取っています。

 

▼国内・海外のホテル予約に”Booking.com(ブッキングドットコム)”を利用する3つの理由

 

今回もその予定でしたが、TripAdvisorで価格比較をしている時に、楽天トラベルが最安値と気付きます!!

和室で2泊10,000円以上安かったのと、日本在住時にはよく楽天トラベルを活用していたので、今回は「楽天トラベルで海外ホテルを予約」してみよう!という結論に。

 

わが家が予約した和室のプランは「ホテル決済(宿泊日前カード決済)」というものでした。

当日にホテルで支払う必要が無いということです。

実際、宿泊予定日の1週間前くらいに、決済時に入力したクレジットカード会社に請求されていました。

もし、あなたも「宿泊日前カード決済」を選択した場合は、チェックアウト前に必ずクレジットカード会社のインターネットサイトにログインして宿泊費の事前請求の有無を確認しておきましょうね。

(クレジットカード会社のサイト構成にもよりますが、「カード利用明細速報」などの欄に請求額が記載されていると思います。)

 

nenemamaは念のためインターネットサイトの請求画面をスクショしておき、チェックアウトの際に見せられるように準備しておきました。

でも、チェックアウトの際にフロントの方から「既に支払い済みだから、支払い不要です」とちゃんと言ってもらえたので、とても安心しました!

スポンサーリンク

まとめ:子連れで北投温泉に行くなら『スイートミーホットスプリングリゾート』がおすすめ!

北投にたくさんある温泉宿の中から、わが家は『スイートミーホットスプリングリゾート』を選んで正解だったな!と思います。

日本人の利用客も多いのか、フロントには日本語を話せるスタッフさんもいましたよ!

 

朝食スペースはとても広く、スタッフさんも多かったです。

個人的にはおかゆのトッピングを気に入りました♪

スイートミーホットスプリングリゾート水美温泉会館の朝食

 

台北方面に旅行する際には、旅の疲れを癒すためにも、北投温泉まで足を延ばしてみるのもおすすめです。

台湾の温泉、楽しんでくださいね!!

 

※台湾旅行に役立つ情報は【旅行お役立ち情報】からご覧ください。

※台湾各地の旅行記は以下をご参照ください。
台北
台中
日月潭
台南&高雄
墾丁