【台湾九份】掌怪画廊の花文字はお土産に最適♪

子供と旅行, 台北

花文字を書いている九份の掌怪画廊のリュウビンさん

こんにちは、nenemama(@nenemama2017)です。

今日もご訪問いただきありがとうございます!!

*****

九份(ジョウフェン)観光の目玉といえば、

◆台湾茶を楽しむ

◆夕暮れ以降のランタンが灯された風景を楽しむ

ことですよね。

 

そして、nenemamaが、ぜひ皆さんにおすすめしたいものがもうひとつ♪

「九份で花文字を書いてもらう♪」ことです!

 

今回の記事では、「花文字って何?」という素朴な疑問から、お店での注文方法までをご紹介していきますね。

 

花文字とは?

九份の掌怪画廊の花文字を入れる額縁

日本でも中華街などでお店があるので、ご存知の方もいるかと思いますが、花文字は中国で1000年以上前に誕生した開運アイテムのひとつ。

正しくは「花鳥字畫(ファーニャオズーファー)」と言うそうです。

中華圏では風水がとても重要視されていまして、その風水の意味合いと漢字を融合させて、カラフルなデザインが作り出されます。

(例えば、龍なら成功、鳳凰なら立派な人、蝶なら幸福などなど。)

作家さんがインスピレーションで作り出す文字は、世界にひとつの宝物ということですね!

掌怪画廊はどこにあるの?

【掌怪画廊(ジャングェイファラン)】は、ちょうど九份老街の中心部に位置しています。

基山街(ジーシャンジエ)沿いにあるので、簡単に見つけられると思いますよ。

 

お店を切り盛りされているのは、リュウビンさん。

名刺に載っているお姿は、かなり昔のものだと思われます。。。(笑)

九份の掌怪画廊のリュウビンさんの名刺

台湾でとても有名な方のようですよ!

花文字は、上記の写真のように、手のひらを使って描いています。

(だから、お店の名前にも”掌(てのひら)”って入っているんですね!)

店舗でも、その素晴らしい技術を目の当たりにできますよ♪

スポンサーリンク

掌怪画廊での注文方法は?

注文方法は、いたって簡単!

  
<注文方法>
  
① お店に置いてある額縁や掛け軸などから、フレームを決める
  
② 自分の名前や苗字など、書いてほしい文字を決める
  
③ ②と一緒に書いてもらう縁起の良い四字熟語をリストから一つ選ぶ
  
④ ②③をまとめて申込用紙(普通の紙)に書いて、手渡す
  

 

名前の文字数、希望する額縁によって値段が変わるみたいです。

nenemama家は、

◆〇〇家(我が家の苗字)⇒ 400元

◆△△(おねえちゃんの名前)⇒ 250元

をオーダー!

完成した花文字をご紹介

頼んでから2枚書き終わるまで、たぶん10分もかかっていません。

本当にすらすらと書いていました。

びっくり~!!

 

我が家が書いてもらったのをさらっとご紹介。

家族の苗字のものは、白地に金色ラインの額縁(B6サイズ)をチョイス。

「健康快楽」の文字を書いてもらいました。

九份の掌怪画廊の花文字の額縁白(正面)

 

横から見るとこんな感じ。

スタンド式になっています。

(壁に掛けるフックなどはついていないです。)

九份の掌怪画廊の花文字の額縁白

 

おねえちゃんは、淡いピンク色のシンプルな額縁(ハガキサイズ)を選びました。

「幸福美麗」という、幸せいっぱいな感じの文字も一緒に書いてもらって、おねえちゃんは嬉しそう♪

真ん中あたりに、かわいい鳥さんの顔が見えるの、わかりますか?

このように、文字と風水を組み合わせて書いてくれますよ!

九份の掌怪画廊の花文字の額縁ピンク

スポンサーリンク

まとめ:家族や友人へのお土産にも最適!花文字を書いてもらおう♪

花文字が完成したら、額縁に入れ、それをプチプチ(正式名称はなんだろう。。。)で丁寧に包んでくれます。

持ち帰りも安心ですね♪

nenemama家は、自宅まで待ちきれず、ホテルの部屋に着いたら、さっそく飾っちゃいました(笑)

翌日、台中に帰宅後、もちろんすぐに部屋の目立つところに飾り、家族みんなでテンションUP!!

これで我が家にも開運アイテムができました♪

 

台湾だと、1つ250元(≒1,000円)から書いてもらえるので、家族や友人へのお土産としても最適だと思いますよ!!

(日本だと、かなり高額と聞きました。)

ぜひ、皆さんも九份で開運アイテムをゲットしてみてくださいね~♪

店舗情報

☆ Name   掌怪画廊
☆ Address  新北市瑞芳区基山街100号
☆ Tel    0911-222-577(LINEあり)
※不定休のため、確実に訪問したい場合は、LINE経由で営業有無を事前に確認すると良いですよ(中国語のみ)

 

※台北旅行の記事は【台北】からご覧ください。
(インデックスはこちら

※台湾各地の旅行記は以下をご参照ください。
台中
日月潭
台南&高雄
墾丁