【子連れ台湾】台北で蟹おこわを食べるなら”梅子餐廰”がおすすめ

子供と旅行, 台北台湾おすすめグルメ

台北の梅子餐廰の蟹おこわ

こんにちは、nenemama(@nenemama2017)です。

今日もご訪問いただきありがとうございます!!

*****

この日は朝から「十分⇒九份」のフルコース。

台北旅行のインデックスより関連記事ご参照ください。

 

夕方に台北に戻ってきたものの、すでに体力の限界(笑)

でも、娘の「蟹おこわ食べたい!!」という願いを叶えるべく、最後のひと踏ん張り!

日本人観光客にも人気の【梅子餐廰】へ向かいました~!!

 

今回の記事では、梅子へのアクセスや注文したメニューなどをご紹介しますね。

アナタもきっと行きたくなるはず♪

 

台北で蟹おこわといえば?

台湾は海に囲まれた国なので、海産物は結構おいしいんです。

エビやカニもおいしいことで有名なので、甲殻類大好きなnenemamaにとっては嬉しい限り♪

 

今回の台北旅行では、おねえちゃんが「蟹おこわ食べたいー」と願いをかなえるべく、2つのお店をチョイス。

 

一つは、【欣葉(シンイエ)】

台北市内に支店も多いので、行きやすいと思います。

 

そして、もう一つが【梅子餐廰(メイズ―ツァンティン)】

1965年創業の、老舗中の老舗。

 

ガイドブックなどでは、【欣葉】のほうが有名ですかね。

nenemama家は、「せっかくなので老舗に行ってみよう! ホテルからも近いし♪」

ということで、【梅子】をチョイスしてみました~!

梅子餐廰で台湾の伝統料理と海鮮料理を一度に楽しもう!


出典:梅子餐廰HP

梅子は、台湾の老舗料理店。

門構えからも、なんだか歴史を感じますよね!

台湾の伝統的な料理はもちろん、生け簀もあり、新鮮な海鮮料理も楽しむことができます。

 

アクセス方法

MRTの2つの駅から徒歩圏内。

◆MRTの淡水線(赤色)の中山(ジョンシャン)駅

◆MRTの板南線(青色)の善導寺(シャンダオスー)駅

からそれぞれ10分程度です。

 

予約は必要?

nenemama家は予約無しで訪問しまして、17時半でギリギリ滑り込めました。

事前に予約するか、17時台に訪問するのが良さそうです。

 

梅子には3フロアあり、nenemama家は2階の宴会場に通されました。

生け簀の目の前の席に案内してくれたので、子供たちは大興奮!

おにいちゃんはかなりずっと凝視していました(笑)

梅子餐廰で生け簀を見る男の子

スポンサーリンク

梅子餐廰で子供の好きなものばかり注文♪

子供たちの希望を聞き、nenemama家は以下を注文しました。

 

炒青菜(チャオチンツァイ/空心菜炒め)

まずは、安定の青菜ですね。

子供たち、普段は緑の野菜あんまり食べませんが、空心菜炒めは食べるんです。

シャキシャキしておいしい!

台北の梅子餐廰の空心菜炒め

 

滷肉(ルーロウ/豚の角煮)・炒米粉(チャオミーフェン/ビーフン)

これらは店員さんがおすすめしてくれたメニュ―でして、子供たちも気に入ってたくさん食べていました。

台北の梅子餐廰の豚角煮とビーフン

 

龍鳳捲(ロンフォンジュェン/春巻)

5本ありましたが、写真を取った時には既に残り2本。。。

外はパリッ、中はトロトロで、おいしさ抜群でした!

台北の梅子餐廰の春巻き

 

蟹仔米糕(シエズーミーガオ/蟹おこわ)

そして、そして!

お待ちかねの蟹おこわ~♪

写真は2人分ですが、結構十分な量がありました。

他にも色々注文するなら、蟹おこわは2人分で十分だと思いますよ。

台北の梅子餐廰の蟹おこわ

もうね、蟹おこわは期待通りの良いお味だった~♪

その他のメニューも、一皿一皿がボリュームたっぷりだったので、かなりお腹いっぱいになりました。

何より、子供が好きなメニューが揃っていたので、安心して注文できましたよ。

まとめ:子供が好きなメニューが盛りだくさん♪子連れにこそオススメの梅子!

子供が好きそうなシンプルな台湾料理も多数あり、ボリューム満点で価格も良心的。

日本語も少し通じます!

お腹いっぱい食べたので、帰りはお店でタクシーを呼んでもらい、岐路へ着きましたよ。

 

台北でどこに食べに行こうかな?と悩んだときには、ぜひ梅子も検討してみてくださいね~!!

子連れにオススメできるお店です♪

スポンサーリンク

店舗情報

☆ Name   梅子餐廳
☆ Address  台北市林森北路107巷1號六條通口
☆ Tel    02-2521-3200
☆ Info    ベビーカーOK、子ども用チェアあり、おむつ交換スペース未確認
※ 訪問前に最新情報をHPでご確認ください。

 

※台北旅行の記事は【台北】からご覧ください。
(インデックスはこちら

※台湾各地の旅行記は以下をご参照ください。
台中
日月潭
台南&高雄
墾丁