【日月潭】雲品温泉酒店(フローデシン)宿泊体験記<子供と日月潭旅行:1日目③>

2018年1月5日子供と日月潭ホテル予約&宿泊体験記, 台湾の温泉

初日の観光も無事終了し、ホテルに到着!

チェックアウトまでの時間、楽しく過ごしましょう♪

事前準備編:滞在先”雲品温泉酒店日月潭” & スーツケース事前配送

1日目:①台中から日月潭へ! 移動方法は?

1日目:②九族文化村 ~ ロープウェー ~ 雲品温泉酒店日月潭

◆1日目:③雲品温泉酒店日月潭(フローデシン)宿泊体験記(今回)

2日目:①文武廟観光 & 伊達邵まで移動

2日目:②伊達邵で食べ歩き

2日目:③観光船 ~ 水車碼頭のカフェ ~ 台中へ

 

滞在先はどこにしよう?

基本、安宿にしか泊まらない我が家(笑)

しかし、今回は、

「温泉に入りたい」「ゆっくりしたい」「年末だしね」

ということで、台中から近い観光地の日月潭で、温泉の出るホテルを探してみることにしました。

 

台湾には「温泉標章」制度があり、認定業者一覧は以下から見られますよ!

※日月潭は、「埔里」というエリアにあります。

 

温泉標章があるホテル in 日月潭

2018年11月12日現在、以下3か所のみのようです。

日月潭馥麗泉大飯店(フリ ホット スプリング リゾート)

日月行館(ウェンワン)

雲品温泉酒店日月潭(フローデシン)

えー! どれも五つ星。。。た、高そう!!

 

Booking.comで空き状況を検索

さて、早速、我が家ご用達の【Booking.com】をチェック♪

 

▼我が家が子連れ旅行の宿泊ホテル予約にBooking.comをおすすめする3つの理由

 

宿泊予定日の2か月前、すでにラルーは空き部屋無し!!

台湾って連休が少ないから、皆さん予約が早いようです。。。

 

残り2択のうち、室内プールもあって子どもに良さそうなのは、雲品温泉酒店日月潭(フローデシン)
のほうみたい。

 

周りのママたちからの口コミでも人気があったホテルなので、「えいや!!」と予約してしまいました♪

(普段の我が家の予算なら、3泊くらいできる値段でしたが。。。)

さすが五つ星! メールの返信が早い

滞在にあたり、何点か気になったことがあったので、Booking.com経由でホテルに連絡を取りました。

台湾の人はのんびり屋さんが多いですし、ホテルからの返信も遅いものだと思っていたのですが(笑)、

返信早いし、しかも回答が的確!!

ちなみに我が家が連絡したのは、宿泊費の確認、夕食の予約、スーツケースの事前送付についてです。

宿泊数日前には、ホテル側から、宿泊内容の確認、高鐵台中駅からの無料送迎の利用有無の確認メールが送られてきました。

返信すると、「内容確認いたしました」とこれまた丁寧な返信があり。

五つ星ってすごいのね! と感動したnenemamaでした。

スポンサーリンク

五つ星ホテルはチェックインから違う

五つ星ホテルのチェックインって、すごいんですね!!(笑)

一般ピーポーのnenemamaが驚いたことを羅列してみましょう。

 

・チェックインは椅子に座って行い、その間におしぼり・お茶・クッキーが出る

・日本語を話せるスタッフがいる

・部屋までの誘導は、スタッフ2名(うち1名は荷物持ち)

・部屋に入るとき、スタッフは靴を脱ぐ

・部屋に果物まるごと(バナナ・りんご・オレンジ)

・部屋の冷蔵庫内のドリンクが無料(ミネラルウォーター6本、コーラ、アクエリアス、日月潭アイスティー、アップルジュース、台湾ビール)

・部屋風呂も温泉が出る

・タオルが使い放題(温泉・室内プールにもそれぞれ置いているので、持ち運ばなくてよい)

・ホテル内にキッズスペースがある

・食事の情報などはすべてカードキーで管理

 

いやいや、本当に至れりつくせりで、もうずっと泊まっていきたい気分でした!!

早速、室内プールへGO!!

おねえちゃんとおにいちゃんが楽しみにしてやまなかったプール。

冬場ということもあり利用者は少なかったですが、1時間ほど楽しんできました。

 

ここでひとつ注意です!

台湾では(ほかの海外も一緒かもしれませんが)、

例え小さな子どもでも、性別が異なれば、更衣室は一緒に使えません。

 

我が家の場合、私、おねえちゃん、おにいちゃんの3人でプールに行ったのですが、

受付で「おにいちゃんは1人で男性更衣室を使わないといけないので、男性スタッフが引率します」と説明されました。

「着替えるくらいできるよね?」と説得しましたが、おにいちゃんは断固拒否。。。

見かねたスタッフの方が「人数少ないし、今回だけ特別ですよー」と許可してくれました。

申し訳なさすぎて、更衣室内でササっと隠れるように着替えたのでした。

(カーテン付きの着替えスペースあり。)

 

日本だと、小学生未満は異性の更衣室に行っても大丈夫な印象でしたが、

そもそもそれも違うのかしら。。。? 場所によるんですかね。

 

室内プールには、20メートルプール、ウォータースライダー付きのキッズプール、

ジャグジー、温泉、サウナがそろっていて、十分楽しめる施設になっています。

ビート板やアームリング(腕用の浮き輪)の貸し出しもありました。

また、ホットの紅茶などもプール内の休憩スペースでセルフサービスで楽しめますよ。

 

子どもたちは「まだ遊びたいー!」と言っていましたが、

夕食の時間もあるので、1時間で退散しました。

スポンサーリンク

夕食はブッフェスタイルで

夕食は事前にお願いしていたブッフェに向かいます。

時間は①17:00-19:00、②19:30-21:30の二部制で、我が家は①で予約しました。

 

ちなみに、個人的に今まで食べたブッフェで一番おいしかったのは、

全然グルメではないnenemamaがグルメな友達と女子会した【リュクスダイニング ハプナ@品川プリンスホテル】です。

行ったのはもう7年くらい前な気がしますが、ずーっと記憶に残っています。

(その時はまだ赤ちゃんだったおねえちゃんを連れて行ったような?)

 

そして、今回のホテルブッフェも、それに匹敵するか超えるくらい、かなりおいしかった!!

ブッフェのステーキでおいしいと思ったの、初めてかも。

滅多にステーキを食べない子どもたちも食べていました。

 

ドリンクは、生ビールもジュースも飲み放題。

蟹も食べ放題!

ケーキも食べ放題!!

 

「ママ、ありえないくらい食べてるね。。。」と家族にドン引きされるくらい、

たくさん食べさせていただきました~!!

 

そして、食べるのに夢中で、もちろん写真はありませぬー(笑)

ブッフェの雰囲気を知りたい方は、ホテルのHP【丹彤-クリムゾン】をご参照ください!

キッズスペースでも遊ぼう

食べてすぐ温泉に入るのは避けたいので、時間潰しも兼ねてキッズスペースへ遊びに行ってきました。

あまり上手に写真撮れていませんが(いつもか。。。)、

手前に絵本やレゴ、パズルなどのコーナーがあり、

奥にボールプールと滑り台のついた遊具(名前なんていうんでしょう?)があります。

 

我が子たちは、最初勢いよくボールプールのほうで遊んでいましたが、

その後はレゴ or パズルを黙々とやっておりましたー。

(母は後ろから見てるだけなので、らくちん!)

 

おねえちゃんと私はゆっくり温泉に入りたかったので、

キッズスペースは30分くらいで切り上げたかったのですが、

ボーイズたちが駄々をこねるこねる。。。

何とか説得して温泉へ向かいました。

スポンサーリンク

久しぶりの大浴場!! やっぱり温泉っていいね♪

前述のプールと同様、2歳の子どもであろうと男女別で入らなければいけません。

(こちらはプールより厳しく管理されているようでした。)

ということで、男子3人組、女子2人組に分かれて入浴です。

 

日本以外で温泉に入るのは初めてだったのですが、台湾式の入浴作法は日本と少し違いました。

(日本以外の国では台湾式がスタンダードなのかな?)

というのも、からだを洗うスペース中央に棚があり、そこまでバスタオルを巻いて行くんです。

また、シャワーキャップをつけている人の割合も多かったです。

 

ちなみに、私たちが入った時(19時半過ぎ)は誰もおらず貸し切り状態。

上がろうと思った時(20時過ぎ)に徐々に人が増え始めました。

 

やっぱり温泉はいいですね!

台湾に来てからずっとシャワー生活なので、湯船にゆっくり浸かれる幸せをかみしめました。

マウンテンビューでも湖が見えた!

宿泊したのはマウンテンビュー。

レイクビューだと割り増しなので、そこは節約しました(笑)

 

山側なので湖は見られないと思っていましたが、私たちが宿泊した部屋からは、湖が少し見られました!

ラッキー♪

 

上記の写真は次の日の朝に撮影したものです。朝靄の中、良い景色が見られました。

(相変わらず写真センス無くて、うまく伝えられず残念。。。)

 

ちなみに、この記事トップの写真は、ホテルの共有スペースから撮りました。

レイクサイドのお部屋だと、この景色が見放題なんですねー。素敵!!

宿泊ホテル情報

☆ Name   雲品温泉酒店日月潭(フローデシンホテル)
☆ Address  南投縣魚池鄉日月潭中正路 23 號
☆ Tel    04-9285-6788
※ 最新情報は公式HP(日本語あり)でご確認ください。

台湾の温泉にも大満足♪”雲品温泉酒店(フローデシン)”は子連れにもおすすめできるホテル

次の日の朝、大浴場に行くと、まだ営業開始していなかったようなので、

部屋のお風呂(温泉)に入ることにしました。

(営業時間7:00-23:00とスタッフの方に言われたのを忘れていました。)

 

朝食は前日のブッフェと同じ会場で。おいしくいただきましたよー。

 

チェックアウトは12時でOKでしたが、我が家はこの日も観光したかったので、

9時半頃にはチェックアウト。

最後の最後まで楽しく過ごせたホテル滞在!

ホテルのスタッフの皆さん、貴重な経験をありがとうございました。

 

温泉もたっぷり楽しめましたし、プールもキッズスペースも充実しているので、

子連れの方にはとってもおすすめのホテルでした!

日月潭にお越しの際は、【雲品温泉酒店日月潭(フローデシン)】
でも宿泊検討してみてくださいね♪

 

以上、nenemama(@nenemama2017)が

「雲品温泉酒店(フローデシン)宿泊体験記」をお送りしました!

 

▼我が家が子連れ旅行の宿泊ホテル予約にBooking.comをおすすめする3つの理由

 

※日月潭旅行の記事一覧は【Sun Moon Lake】からご覧ください。

※台湾各地の旅行記は以下をご参照ください。
台北
台中
日月潭
台南&高雄
墾丁